世界の改革宣言

世界の改革宣言

フランス人のカルヴァンは、「キリスト教綱要」を公刊し、ジュネーブで独自の宗教改革を行った。

イギリスでは、ウィリアム3世とメアリ2世が、議会の提出した権利の宣言を承認した上で、共に王位についた。

これを名誉革命というが、議会は、この宣言を権利の章典として制定した。

これにより、議会主権に基づく立憲王政が確立された。


北アメリカ東部に成立したイギリスの13植民地の代表は、本国の重商主義政策等に反対し、フィラデルフィアで独立宣言を発表した。

フランス革命が勃発し、人間の自由・平等、主権在民、言論の自由など、近代市民社会の原理を主張したフランス人権宣言が採択された。


イギリス支配に対するインド人の反感は、東インド会社のインド人傭兵の反乱となって現れた。


これを機にイギリス政府は東インド会社を解散してインドの直接支配に乗り出し、インド帝国の成立を宣言した。

TOP:明治外交

TOPへ戻る


更新機能付きでハイクオリティなスマートフォン・タブレット対応のホームページを全国対応で作成・制作します。【愛知(名古屋・岡崎・豊田・安城・西尾・豊橋)のWEB制作会社】
新着日記 | ランダム

© NumberHP